Local.Link.Lead

  地域を遊び 地域を繋ぎ 地域を知ろう

【トレラン】炭治郎と禰豆子の故郷 雲取山で修行してきた

東京で1番高い山で雲取山。鬼滅の刃で竈門炭治郎と禰豆子の出生地という設定にもなっていることでも有名ですね。今回はその雲取山に向かって奥多摩駅から石尾根尾根沿いをトレランしてきました!

【トレラン】北高尾で〝はじめてのドボン〟

さて先週はいつも行っている高尾の夏の風物詩となりつつある?「小下沢のドボントレラン」にメンバーのシバを誘って行ってきました。 シバは初めてのドボン。 アテンドする側もどんな表情するのか楽しみなのだ。

【チャレンジ】真夏のハセツネ一周に挑んでみた

先週の4連休を使って、私タカナシ、ハセツネのコースにチャレンジしてきました! ハセツネとは日本山岳耐久レース、長谷川恒男CUPとも呼ばれますが、トレイルランニング界においてはアスリート感の強い大会です。 全長71.5km、獲得標高4582mとなっており、ア…

【トレラン】天狗と梟と龍が住む?!東京 南高尾で木彫り探し

先週末はメンバー2人で城山にあった木彫り天狗が風化して倒れてしまい、居なくなってしまっていたものが復活したという情報を聞きご挨拶へ南高尾山陵へトレランに行ってきました! そして南高尾山稜には他にもいくつか木彫りがあるそうなので、トレランしな…

【トレラン】百尋の滝がスゴイ!東京 奥多摩川苔山を登ってきた

先日メンバーで奥多摩の川苔山へ出向いてきました!テラが前から行ってみたいと思っていた山ということでどんな山なのだろうとワクワクしつつ、早朝5:00に集合して車でGO。

【トレラン】夏を先取り!東京 北高尾で自然満喫してきた

先日メンバーで少し夏を先取りってな感じのトレランをしてきました! 山を駆けてその後川にドボンする、というのが我々の夏の定番。

【高梨の多摩雑感vol.44】北高尾山陵で見つけた本質

時間や距離を気にせず、自分が走りたいところを走る。 そんな目的で山に入ったわけですが、それがすっごく楽しかった。 山を走っている時の自然との一体感。 自分がトレイルランニングを始めた時に一番感動した感覚。 これを感じることができて、改めてトレ…

【トレラン】時透無一郎の故郷!東京 景信山で聖地巡礼してきた

今回は山小屋でご飯を食べることを目的に東京 高尾山の奥にある【城山、景信山】を登ってきました!

【地元PV】東京 八王子「2千人で 2万人の軍勢から守り切った滝山城址」

今回は滝山三城と呼ばれる多摩川と秋川手前の加住丘陵上に存在した三つの城(高月城、根小屋城、滝山城)の一つである【滝山城】をご紹介します。

【地元PV】東京 日野「新撰組 土方歳三が駆け抜けた高幡不動」

3連休初日、いかがお過ごしでしょうか? 今晩はYoutubeへ「地域へ走ろう」シリーズ 日野市 高幡不動編を公開いたしました!

【多摩トレランコース】ハセツネ中盤試走!! 数馬峠⇒三頭山⇒月夜見第二駐車場⇒御前山⇒大ダワ⇒玉翠荘 ワンウェイトレイル

毎年秋に開催される多摩を代表するトレランレース【ハセツネCUP】。今回は中盤部分(数馬峠⇒三頭山⇒月夜見第二駐車場⇒御前山⇒大ダワ)の試走コースを紹介いたします。

【多摩トレランコース】ハセツネ前半試走!! 武蔵五日市⇒今熊山⇒浅間峠⇒数馬峠⇒数馬の湯 ワンウェイ

今年10月13、14日に開催される多摩を代表するトレランレース【ハセツネCUP】の前半部分(今熊山⇒浅間峠⇒数馬峠)の試走コースを紹介いたします。

【多摩トレランコース】ハセツネ後半試走!! 鋸山⇒大岳山⇒御岳山⇒日出山⇒瀬音の湯 ワンウェイトレイル

今回はこちらの後半部分(大岳山⇒御岳山⇒日出山⇒金比羅尾根)を走りつつ、アドベンチャー、グルメ、ドボン、温泉と楽しめるコースを紹介いたします。

【多摩トレランコース】大盛カキ氷とドボン!!涼高尾ラウンドトレイル

佐賀在住のTHE NORTH FACE ATHLETE 鬼塚智徳選手と共に「涼」のある高尾のトレイルコースをご紹介。

【多摩トレランコース】都心から丹沢山系を一望!!南高尾山稜コース

ハイカーが比較的少なく、看板も多く、低山の連なりで危険箇所も少ない。また北高尾より景観がよい南高尾山稜は気持ちよく走れるコースです。

【多摩トレランコース】夏場ドボン!!北高尾山陵→景信山→小下沢林道

高尾山のイメージは高尾山頂を経由するルートが注目されがちですが、南、北、裏高尾方面に回れば、自然や水場もあるので、よりアクティブにトレイルランニングを楽しむことができますし、ハイカーさんも少ないです。

【多摩トレランコース】強度高めのトレイルと峠走のコラボ!!ハセツネ30Kコース

トレイルランナーが全国から集まるトレイルランニングの祭典。人気も高く、エントリー合戦では0次関門と呼ばれることも。

スポンサーリンク