Local.Link.Lead

  地域を遊び 地域を繋ぎ 地域を知ろう

【TrailAttend】百尋の滝を求めて!東京 奥多摩川苔山で「涼」トレラン

f:id:local-link-lead:20210628082243j:image

 

梅雨ならではの蒸し暑い日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

先日メンバーで奥多摩の川苔山へ出向いてきました!テラが前から行ってみたいと思っていた山ということでどんな山なのだろうとワクワクしつつ、早朝5:00に集合して車でGO。

 

今回は鳩の巣駅前にある駐車場から登山道へ入り、川苔山へ向かうルートを選択。ピストンよりワンウェイの方が良いよねってことで、帰りは川苔山バス停側に出てバスもしくはランで奥多摩駅まで戻ろうというプラン。

 

メンバーの調子も鑑みて、川苔山登頂した時点で決めようということに。決めすぎず、楽しむことを重要視。

 

今回の1番の目的は「百尋ノ滝」。

 

初見のインパクトを大切にしようと思い、ネット情報をあまり入れずに向かいました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

鳩の巣駐車場から鳩の巣駅前脇を通り、急勾配な坂を登ると意外にすぐ登山道に到着。

 

すぐトレイルに入り意気揚々。

歌も歌ったりしながらガツガツ登っていきます。

 

テラとショウは中学校が一緒かつ同クラスだったこともあり、合唱コンクールで共に戦った戦友。見事優勝を勝ち取った時にはテラが涙してるのをみてもらい泣きした記憶もあります。

 

そんな2人が選んだ選曲は「時の旅人」

 

「優しい雨に打たれ、緑が蘇るように。」

 

この梅雨の山の中で歌うにはナイスな選曲だぁと思いながら熱唱。イタサンは優しく見守っていてくれました。笑

 

350m程登ると砂利道にぶつかります。ここで砂利道側を進んだのですが

 

あれ、どんどん下っていくなぁ。と不安に。

 

途中ハイカーさんにも聞いたところ川苔山へはこっちで合ってるとの話。

 しかし進めど下るのみだったので、ここは一旦戻ろうということで合致。

 

先程砂利道に合流したところまで戻ると別に登山口を発見!ロストしたものの早めに判断して戻ったのが功を奏しました。

 

暫く進むと道を聞いたハイカーさんに追いついた。

どうやら自分たちと話した後に引き返したようだ。

 

「いや〜ごめんごめん、間違ってた〜」

 

人の言う事を単純に信じてはダメですね。情報はちゃんと持って自分で判断するのが大切です。危ない危ない

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そこから暫く急な登りが続きました。

これが本当に急で他の山ではなかなかない!

 

しばらく登ると見覚えのある地名が。

 

「大ダワ」

 

ショウが2年前にハセツネでリタイアしたポイント。まさかここに繋がっているとは。

 

当初イタサンとテラも撮影班としてハセツネに入っていており、まさに大ダワで撮影していたということでハセツネの再現撮影が始まりました。笑(詳細は動画でご覧ください)

 

登って登って、ついに川苔山山頂へ到着!ピークハントです。

 

さてここから戻るか、バス停側に行くか。どちらにせよ百尋ノ滝に行くのにバス停方面に進むので、そっちのプランを選択。

 

百尋ノ滝方面のトレイルは今まで登ってきた山と違い、水系があるためマイナスイオンに包まれてました。

 

流れる水の音に耳を傾けつつ、少し遠くに聴こえる滝の音をキャッチするとテンションは最高潮に。イタサンも百尋ノ滝の歌を口ずさむほどです。笑

 

ドン!

 

まさにそんな効果音が聞こえて来るほど荘厳な滝が目の前に現れました。

 

「すげぇ」

 

口からつい零れました。

 

30m程から落ちる水から逸れた天然のシャワーを浴びながら暫くその場で立ちすくむ。

 

少し遅れていたイタサンも合流してここで待望の山飯クッキング!!とも思いきや、まさかのガス缶が空という事態...パスタ食べたかった...

 

まぁこれも仕方ないということで、滝からのマイナスイオンを精一杯に浴びてバス停方面は降り始めました。

 

途中でドボンができるポイントを発見。テラが一目さんに深さをしっかりチェックし、危険がない事を見た後に自然のご褒美にあやかりました。

 

川の水で清められた後は気持ちよくトレイルを下り、バス停へ到着。

 

「どうやら次のバスまで1時間あるぞ...」

 

ここから7km程で奥多摩駅という事を考えると走ったほうが早いと判断してユルジョグで駅に向かいました。

 

まさかイタサンが途中ロードであんな状態になるとはでした...笑(動画最後のおまけ②をご覧ください)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さてそんなこんなで今回も楽しいトレランとなりました!これから暑い時期にはこういった水系がある山をセレクトして、涼しみながら山を楽しむのも良いと思います。

 

今回の様子もYoutubeへアップしておりますので、是非ご覧いただけますと幸いです。

 

また高評価やチャンネル登録していただけるとメンバーの今後の活動意欲に火がつきますので是非ともよろしくお願いいたします!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓チャンネル登録、高評価いただけると活動の励みとなります!

 

 

youtu.be

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓はてブシェア、お願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓GPXデータはSTRAVAより

www.strava.com


スポンサーリンク