Local.Link.Lead

  地域を遊び 地域を繋ぎ 地域を知ろう

【多摩ランニングコース】東京 国分寺「忌野清志郎のたまらん坂と徳川家康のお鷹の道」

youtu.be

 

秋晴れで良き11月の始まり。

ハロウィンも過ぎていよいよ冬シーズンに突入しますね。

 

この時期は空気も澄んで景色も綺麗だし、走るにはちょうど良い気温で。

ついつい外で走りたくなる季節。今日は高幡不動トレイルを気持ちよく走ってきました。

 

鬼滅の刃の映画で湧いている今日この頃ですが、先日走った地元国立から国分寺までのランニングコースを動画を公開いたしました。最新機器を用いての動画となるため、いつもよりも綺麗な画像でご覧いただけるかと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こちらのコースは国立市にある銭湯「鳩の湯」さんをスタートして国分寺方面へトレイルと歴史的建造物を繋げたコースです。

 

中でも特にオススメなのは「お鷹の道」と呼ばれる散策路で、この道の名前の由来は、江戸時代(寛永元年1624年)に国分寺周辺は徳川家のお鷹場に指定されていたことからだそうで、昭和47〜48年に整備され今の綺麗な遊歩道となったもの。

 

こちらの道沿いには国分寺崖線からの湧水が流れ、綺麗な水であることからホタルが生息しているとも言われています。

 

ハケ沿いということもあり、ヒヤッとした気持ち良い空気感に包まれて緑で囲まれたこの散策路は通り抜けるだけでも気持ち良い。

 

お鷹の道中にある「真姿の池湧水群」は環境庁の名水百選に選ばれた場所で、真姿の池の由来は、嘉祥元年(848年)に不治の病に侵された玉造小町という者が、病気を治すための祈願として国分寺を訪れた際に、1人の子供に案内されこの池で21日間参拝したところ、たちどころに病は癒え、元の綺麗な姿にもどったという話が伝わり、「真姿の池」と呼ばれるようになったとのこと。

 

とても綺麗な場所で是非一度訪れてみてほしいスポットです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以前こちらのコースについては別動画も作成して公開しているのですが、良りクオリティの高い画質で作りたいなぁと思い、前とは少しニュアンスの違うものとなっています。

 

人メインなVログ的な動画より、景色メインの方がコースの雰囲気が伝わるものもあると思い作りましたので、言葉での紹介はないですが、イメージビデオ的な感じで見て貰えたら嬉しいです! 

 

是非動画をご覧いただき、チャンネル登録、高評価いただけると活動の励みとなります↓

youtu.be

スポンサーリンク